/                                                                      

 養成講座  2015年1月 一回目 講座 開始



       年代順  ニュース                                                             養成講座  日程
2015・01/18
        06/21
        08/23
        09/20
        10/18
        12/13
                                                     時間 10:00~12:00
 2017年度
      1月22日      治療センター
    
      2月19日             ”                     
    3月19日             ”    
     4月23日             ”          
2016・02/21
        05/22
        07/24
   
 
                                                                                                     
 


         



    2016・7/24

 養成講座は1:30~4:00まで予定しています。しかし会場は4:50分までお借りしていますので講座終了後ヒーリングの方の時間としてあるのですが、当日集まった方が、時として別れがたい雰囲気が漂います。

 本日は4:50分終了の宣告をして会場を後にした素晴らしい一日でした。

 最近では〝治療センター〟にもチラホラ施療に訪れる方もいて、しかも導かれて来るのですから何かしらの効果が期待できますので仕事(施療)が楽しみです。訪れる方はやはり〝ガン〟の方が多いようです。

 また、養成講座では当然ですが真剣に学ばれる方が多く何とか結果が出ることを期待していますが〝霊界の許可〟がなければ霊医さんのエネルギーは流れませんから心霊治療はできません。

 現在、読書会及び養成講座で7か月目経過した方が〝病の患部〟が判る方がいます。将来その手のビリビリが治癒エネルギーとなって患者を癒す能力が備わることを祈ります。

 このように求める者には動機が純真であれば霊界では段階を経て必要なものを与えてくださると思います。


 ───最近のテレビ放送から・・・
 7/22 NHK 3チャンネル 22:00~22:45 モーガンフリーマン 時空を超えて 「死後の世界はあるのか」を放送していました。私は録画してみましたが、〝神の啓示〟を学んでいる人間にとっては何も得るものはなく、最初の場面を見ただけで画面を閉じました。

 途中で視るのを止めましたので、コメントできる立場ではありませんが、科学万能の司会者に見るのを止めたのです。番組は死後の世界とは言えませんが、このような形ではありますが NHK が放送するようになりました。私たちの出番到来です。真理を求めて訪れる方々のために武装(学びを深めて)して待ちましょう。

 地球浄化大作戦(神の計画)はちゃくちゃくと確実に進行しているようです。






      2016・5/22
 最近、ヒーラー養成講座といっても出席数が少ないのが悩みのタネですが、 もしかしたらまじめに養成講座へ通ってもモノにならないのではないかと自分で勝手に結論を出してしまうのか、折角の養成講座が残念です。一年近く出席している方は治癒力もでて霊界より認められる日も近いと思うと、おやすみがちになります。

 また、僅か数回しか出席していない方がサイキックエネルギーが出始めるなど求め続ける方にはそれなりに導かれているのですが・・・・・・

〝人間が見捨てない限りは神は見捨てません〟とは霊訓にも書かれてある通りですが、連続して出席していれば効果は確実にあるのです。

 待たれるのは次ぎなるヒーラー誕生です。シルバーバーチの霊訓(12)℘192に

(38)霊能養成のために費やす時間が無駄に終わることは決してありません。何の反応もなく焦(じ)れったい思いをなさる気持ちは私にもよく分かります。が、そうした状態のもとで着実に進歩していることを知っていただきたいのです。背後霊との絆が強化され、霊的感覚が鋭敏さを増しております。成長と開発と進化が一刻の休みもなく続いております。

 とあります。真剣に霊界の道具として働きたいと念じておられる方は少ないのでしょうか。


  



       2016・2/21                         フォール 
 
 ヒーラー希望者の多くはまさか自分に治癒能力が??と、思いつつ、でも可能なら??と、来ている方もいま
す。心霊治療は霊力が霊界より流れるわけですから霊界の協力なしには治癒力は得られません。知識を詰め込んだだけの頭でっかちの方はまず無理です。素直になってほしいです。

 当会は養成講座を始めて一年経過しましたが、霊界より認められた治療家一名、また読書会「かつしか」に必要な霊視力を発揮される方が一名出ました。この方は(霊界より認められていませんので「かつしか」を去った場合は霊視能力は無くなります)。

掲示板などに時々二五歳の男性の方が治癒エネルギーが流れるのを確認しております。と書きました。
また、足立会場の責任を担っている掲示板ネーム(waka)さん、最近ネームを変えたようですが彼も治癒力を発揮し始めました。霊界より許可が出るのにはいま暫く先になると思いますが、素直さが持続できれば治癒力も増してくることをこのように確認できます。

 このように私が歩んだ道しか教えられませんが、霊界では優秀な霊媒の誕生を今か今かと待ち望んでいるのです。また月一回の養成講座ですがヒーリング依頼
の中から特別な事例も教えることができます。まずは読書会へお出でになりませんか?、養成講座へは霊界で認めた方しか出席できません。





───2月21日(日)の心霊講座に参加しました
ヒーリングに興味のある方や、これからヒーラーを目指す方の参考になるように、紹介させていただきたいと思います。
 
 この講座では、以前にも紹介したように、霊界の方の導きとはたらきによって、ヒーリングが行われるので、講座に参加するためには、まず、読書会に参加して学んでいく必要があります。(費用は、無料ですが、参加にあたって、心が見られているので、霊界の方から断られる方もいるそうです。)

 他にも、ヒーラーを養成する講座をやっている所がありますが、指導者がヒーラーの能力をもっていない場合もありますので、注意が必要です。

 最初に行われるのは、一時間の瞑想になります。
今回は、とくに瞑想についての指導はありませんでしたが、みんなから邪念がでることもなく、順調にいったようです。(邪霊の妨害もあるそうです。)
 その間に指導者側は、それぞれの参加者にエネルギーを流しているようです。

 感想としては、一時間も瞑想していると、いろいろな思いがうかんできて、何が良いのか正しいのかも、わからなかったことです。ともかく、霊界の道具として役立ちたいとの思いがありました。

 瞑想の後の学習として、「シルバー・バーチの霊訓」などの翻訳者として知られる、近藤千雄氏の話をされました。ご存知のように、多くの霊訓の本を日本語で読めるように翻訳され、日本のスピリチュアリズムの普及と貢献に尽くされた方です。
 興味のある方は、近藤千雄氏の訳者あとがき等を探して読むことをおすすめします。

 雑談ですが、指導者の葛西さんから、「風邪をヒーリングすると、それが自分にうつってしまう。4~5時間寝るとよくなるが、影響をうけてしまう。気をつけたほうがいいが、依頼を断らない。」という話がされました。これは、遠隔ヒーリングの場合も含めてのことですが、私にもあてはまるかどうかは、今後の経験しだいで、わかっていくことだと思います。
 また、葛西さんは、自分に対してのうわさもわかるそうで、特に感情がこもっていると伝わってくるそうです。

 次に、「霊的真理を本当に信じているのかどうか?」と質問が出されました。

 それらの話しが進む中で、Sさんの「霊界に帰れるならば、今すぐにでも帰りたい。」との発言に対し、「死が待ち遠しくなれば、本物だと言える。」とこたえられました。
 ただ、このことは、霊的真理を学び始めたばかりの方にとっては、受け入れられないことでもあると思います。また、現実が厳しいための逃げの手段になってはいけないことは、言うまでもありません。

 養成講座では、瞑想をして勉強するわけですが、ヒーリングの能力を身に付けることと、その能力を向上させることも学んでいきます。
 そのひとつに、「苦しみをのりこえていく」ことがあります。自分にとっての苦しみと、人にとっての苦しみは、それぞれ異なるのですが、実際の苦しみの中味や、その対処方法を紹介されました。

 これは、霊性向上のための努力と変わらないという感想をもちました。

 「スピリティズムによる福音」P.99 第5章 苦しむ者は幸いです 現世に存在する苦しみの原因 四、のところも合わせて、学びました。(ここの スピリチュアリズム books のところで、読めます。)

 「今、生きていることは、何かしらの目的をもって生まれてきている。自分の目的は、奉仕すること。」という話しを聞いて、奉仕することを目的に、日々の努力を続けていくことはとても大切であり、見習うことだと思います。
 これを続けていくことが、本当に大変だと思います。

 さまざまなヒーリングにまつわる話(過去世の元をたぐりよせると、いろいろわかる)で、とても興味深い話もありましたが、読書会に参加される方の楽しみのために、あえて紹介せずに、とっておきたいと思います。

 この講座においては、読書会もそうだと思いますが、参加者の成長も願われているのを感じます。
 そのためのヒントが、講座のいたるところで話されています。
 たとえば、「悪いことをしないから、それで良し。」とするのも良くないそうです。悪いこともしないかわりに、良いこともしないのでは、自分のために与えられた使命をきちんとはたしたことに、ならないからです。
 それを、葛西さんは、過去世のパネルの色にちなんで「灰色の人生」とよんでいます。
 人のために良いことをするのはもちろんですが、たとえ、悪いことや過ちを犯してしまったとしても、それを反省して、中味の濃い人生にしていく努力が良いようです。
 
 最後に、わたしと一緒に参加された方の母を、今後、自分たちによって、ヒーリングする機会を与えてもらいました。
 どのような結果になるかわかりませんが、良い報告ができるように、努力したいと思います。
 そして、一人でも多くの方が、ヒーリングをとおして、霊的人生に目覚めて欲しいと願っております。

 最後まで、読んでいただきありがとうございます。








       2015・1/18  第一回目~      新ヒーラー誕生秘話

  霊界主導で始まった〝心霊講座〟ですのでどのような形から始めようとか悩みは全くありません。兎に角ヒーラー誕生が大きな目標です。最初に目を付けた人は〝山〟さんでした。彼女は既に守護霊さんと自分との区別のできる能力を具えておりました。彼女には毎日治癒エネルギーを流し続け能力開花を待ちました。

 やがて4月に入り始めた頃、彼女の心境に変化が感じられましたが、心の中での葛藤は続いているようです。それもようやく乗り越え、解かれ、治癒エネルギーが流れだし、その後の彼女の能力開花は目を見張るものがあります。

まず、〝池川明〟さんの〝胎内記憶〟から〝子供は自分の名前は自分でつける〟を実証し始めました。名前からくる生まれた目的を知り、過去世を知ることができます。また、彼女の治癒エネルギーは〝熱く〟痛みを融かしてくださいます。最近は私との協力
〝一体化〟されることにより数々(僅か3ヶ月)ですが治癒効果を上げております。




   2015・6/21          新々ヒーラー誕生  

 いつもの通り依頼された遠隔ヒーリング後に、心霊講座で学んでいる皆さん一人一人に治癒エネルギーを流している時でした。kkさんの番がきて祈り始めたとき、霊界の窓が開き(鳩時計の鳩が飛び出す感じ)告げられたのです。〝只今からkk〟(私と同じイニシャル)。に霊力を流す。という呆気ないものでした。

 最初はとても信じられませんでした。なぜなら私から見ればまだまだその時期ではないと思っていたからです。しかし、彼はまじめで真剣でした。求める者には神は与えて下さるようです。また、素直に聴く耳をもっています。

 その彼に〝只今からkk〟に霊力を流す。と霊界からメッセージが届いた際、即彼にメールを差し上げましたら〝ありがとうございます。受け取りました〟と返事がありました。この様に本人も確実に霊力の流れは認識できるようです。その後何度か遠隔ヒーリングをお願いしたところ、しっかりしたヒーリング内容と患者さんに対する治療内容、その様子の報告を受けた時、私は確信しました。みなさんに報告しなければ、と。
 

・・・如何ですか、霊界ではこの様に霊界の道具(霊力の通路)として働いてくれる人を今か今かと待ち望んでいるのです。神の道具として働けることの幸せは〝至上歓喜〟の何ものでもありません。シルバーバーチをお読みくださっている方で今は未熟でも何時かは〝霊界の道具〟として働きたいと思っておられる方がおられましたら是非アタックしてください。

  その最大の難所は〝素直〟さです。純粋に聴く耳を持ってくだされば〝心霊治療家は可能〟だと申し上げます。理由は人間の霊性が向上すれば誰でもが持っている心霊治癒能力だからです。


魂への求道者】新々ヒーラーの誕生、本当におめでとうございます。本当に何と素晴らしい事でしょう。 葛飾の会で、もうすでに二人目の霊界より認められたヒーラーが誕生されたなんて! そんな会に自分が参加出来る幸運を、天界の全ての霊、葛西様、そして会の仲間にお礼を言わせて頂きたい気持ちでいっぱいです。

中々霊的に進歩できない私ですが、本当にありがとうございます。今日は私の誕生日です。最高のプレゼントを頂きました。


見者どう表現して良いのか分かりませんが、例えばF1の表彰台でシャンパンをかけ合ったり、日本シリーズのビールかけのような華やかなものではないんです。 これからは誤解を恐れずに言えば僕(しもべ)として働くことになるのだと思います。 昔ヨガを習っていた時、その境涯に達することは人類に「仕える」のであって、むしろ「下」になると習ったことがあります。

でも実際、多くのそうしたリーダ達は奢侈な暮らしを送りがちになってしまうのをよく見聞きしました。 本当に、私が、大げさな言い方をすれば、「生きとし生ける者」の本物の従者となれるのかはこれからなんです。 日々気が抜けません。でも、このことに強迫観念を持てばそれもダメなんです。

そして皆さんは私の大切な「教師」になるんです。どうか、よろしくお願い致しますね。本当にそうなんですよ。


「生きとし生ける者」の本物の従者...。重い言葉です。でもそれが出来ると見込まれた上で起こったことです。どうぞ自信を持って進まれて下さい。応援しています!


kasai.k】魂への求道者さんへ  お祝いのお言葉誠にありがとうございます。そうですか誕生日ということは重ね重ねおめでとうございます?。私は昨日から今日と実に多忙でした。

 ヒーラー誕生もみな霊界の導きですから「中々霊的に進歩できない私ですが」とおっしゃいますが自覚しているというところが素晴らしく、中には何もかも知ってるような感覚の方もおられます。至らないということは頑張りさえすれば〝神は求める者には与えて下さいます〟しかし、何もかも知っているという方には、神は決して与えてはくださらないでしょう。

 本日6/6日の足立での読書会では、いつもは私が心霊治療をさせているいただいている立場ですが、なぜか逆の立場を試みたのです。  皆さんのヒーリング能力がどのくらいか試そうと思ったのです。

すると意外なことが判りました。ヒーリングする側の心持が良く分かることでした。 結構皆さんも其々に課題もありますがその課題が明確になることを知りました。三人目のヒーラー誕生も近いのかな??とほくそ笑んでいる私です。 魂の求道者さんの番到来!ということになりますよう祈ります。

見者>皆さんのヒーリング能力がどのくらいか試そう >と思ったのです。すると意外なことが判りまし >た。ヒーリングする側の心持が良く分かること >でした。
このお話読んで、凍りました。 シルバーバーチは動機の大切さを繰り返し話されておりますし。






   2015・8/23         ヒーリング実習

 学ぶ方を厳選した甲斐もありやっとメンバーが揃ったようです。そのメンバーの中には既にヒーラーとしての能力を発揮している方もいて、又、まだ心霊講座3回位しか出席していないにもかかわらず、既にヒーリングエネルギーを出しておられる方もいます。先日その方の奥様へ遠隔ヒーリングを施しましたら霊界から〝お前がやらなくともご主人に任せておけばいい〟と回答があり今日その旨を伝えました。

 やはり求める真剣さ、その想いは、神の御心を動かすようです。求めなければ何も与えられません。人間はもし叶うものなら神の使徒か、神のお手伝いをしたいと思っておられるのではないでしょうか。結果として神の使徒とはなれずとも、神のお手伝いはできるようです。

シルバーバーチはその身体に宿る霊に秘められた莫大なエネルギー、あなたの生命活動の動力であり活力であり、あなたの存在を根本において支えている力を呼び寄せることができるのです。

 あなた方にはそれぞれにこの世で果たすべき仕事があります。それを果たすためにはこうした知識を摂取し、それを活力としていくことが必要です。霊に宿された資質を自らの手で発揮する事です。そうする事は暗闇で苦悩する人々に光を与える小さな灯台となることであり、そうなればあなたのこの世での存在の目的を果たしたことになります。(SB霊訓一)と言っております。

物事を科学でしか捉えられない人は気の毒です。霊界の存在、死後の生活、魂の永遠性などは学ぼうと思えば幾らでも学べます。死んで帰ってきた者はいないから死後の世界は判らない。とよく言いますが、霊界と地上界との間で通信をしているという事実を信じられないのです。

マダマダ地上は未開地のようです。頭を真っ白にしてシルバーバーチを学んでみませんか??。





        2015・9/20
 講演会も近いので〝リハーサル〟をさせていただきました。その中で下記の説明もさせていただきましたが霊界の奥義を知ることができます。

因果律」一週間後に予見された事故は回避できるか       2015・9/9

  9/7  別件でご相談あるのですが、今週末家族で静岡(親戚の結婚式のため)へ行く予定があります。 私たち家族と親戚が1人加わりますので、レンタカーで行きます。

そのことで、母が通信している霊界より、「気をつけろ」という忠告があるようです。
主語がないので何に気をつければ良いのか分かりませんが、母は、事故を心配していました。

以前、母に、(娘の体調も含め)1泊2日ではなく、2泊3日で行くことは出来ないのか、と聞かれたことがあるのですが、その場合、私と娘と母だけ電車で向かうことになり、
余分に交通費と宿泊費を捻出するのが難しく、止む無く1泊2日で車で行く予定になっています。

母が通信している霊界も不必要に忠告をしているわけではないようですので、気になっており2泊3日で行く方が良いのか悩んでいます。

私と娘は、葛西さん側の霊界に護られていますので、大丈夫かとは思いますが、何事もなく無事に帰って来れるように祈っていただくことは可能でしょうか?
私も毎朝の祈りに加えます。

もし可能でしたらヒーリング依頼よりご依頼させていただきます。


 【9/7 葛西】    只今、霊視していたら車が東京を立ち静岡まで順調でした。一泊し帰路海老名から首都高へ入る頃、私の携帯が間違い電話で瞑想が中断されました。以後再度瞑想へ入りましたがそこで止まってしまい。以後の霊視ができませんでした。

今夜も明日も明後日も引き続き霊視(監視)を行いますので特別に注意することがあれば連絡し注意を促します。ご安心を・・・(電話では緊急以外応じないことにしているのはこの様に電話は私の都合を一切無視しているからです)


 【9/7   山本】ciel さんの件を霊視を試みました。
葛西さんを意識すると、霊力がぶわっと膨らんだのがわかりました。未来視に関わるジャンルですよね?私はやはり時空を超える事は出来ない様で見えませんでした。

そこで、祖母(霊能者)の背後霊さんに何を心配しているのか聞いてみました。
私に見えたものは、対抗車線から来る大型のトラックと衝突し、運転席が潰れる様子でした。他には?と尋ねましたら、フッとそのシーンが消えただけで終わりました。
どうしたらふせげるでしょう?と尋ねましたら、車にのる方達の心が穏やかである事。と言う想いが来ました。(そしたら善霊が守り易いは確かだろう。と思いました。)
私もお祈りをして行きます。


【9/8  葛西】霊視開始、しかし一切見えず。因果律で決まっていることは変えられないということか? 感じたことは=この事故で巻き添えになる方や巻き込まれて何かの被害を被る方など霊界ではあらかじめ準備周到にして計画されたことを、(私や、山本さん)霊界の道具として働いている者たちによって変更を迫られた。

シルバーバーチは法則の裏にも、また法則がありまして絡み合っているのです。と述べていますがそのことが頭に浮かびました。私と(山本)たちは神の道具として働いているということを霊界では認めてくれている様です。(合掌)


【9/9 葛西】 霊視開始 足立の自宅から出発した車は順調に目的地へ到着し一泊、帰路も順調に快調に帰ることができました。何も心配には及びません。心穏やかに過ごされますように(合掌)。


 
Re:掲示板に書き込みしている喜び           ciel          2015/09/17 (木) 12:48    
葛西さん経由で山本さんの霊視結果の報告を受けました。

事故の状況が怖いぐらいはっきりイメージ出来る霊視に動揺しました。 出勤前にメールを見たのですが、動揺してしまい、出勤準備が出来ませんでした。

私の身に起こることへの準備は出来ているつもりですが、家族となるとまるで駄目でした。 霊的真理のことを忘れ、どうすれば良いか質問メールを投げました。

しかし、不安でメールをしたにも関わらず、不思議なことに、心のどこかでは車で静岡に行くことが決まっている感じがありました。そして、葛西さんより、掲示板を見るように返信がありました。

9/8,9の霊視結果を見ました。
正直に申しますと、車で静岡まで行くことが決まっている感じがあり、なおかつ、葛西さんにも「心配ない。」と仰っていただいていましたが、どこかで不安がありました。と言うのも霊視は良くも悪くもそうならないことがあるからです。

誤解を招かぬよう付け加えますと、葛西さんや山本さんの霊視がインチキとかではなく、葛西さんが掲示板に書かれているように、何かの都合で計画が変更されることがあるようです。 (そのあたりの事情は私はよく分からないのですが、確か霊訓にもそのようなことが書かれていたと思います。) 母の守護霊様が教えてくださることにも、今までにそうならないことがありました。

運転席が潰れるような事故はないとしても別の事故が起こるかもしれない。。。 事故ではなく他に何かがあるのかもしれない。。。

不安はあるはずなのに、やっぱり、車で静岡に行くことは決まっている感じがありました。
---
出発日の前日の夕方。 私の心境に変化がありました。
実は私は、静岡(結婚式)へは行きたくありませんでした。 お金は掛かるし、小さい子供がいるから大変だし、、、といった唯物主義しかない考えからです。

でも急に、なぜか、 「行きたくないけど、二人の幸せと新しい命が無事に誕生することを祈らせてもらいに行こう! そうだ!それでいいんだ!」 という思いが湧いてきました。

--そして迎えた当日
レンタカーにチャイルドシートが取り付けられないトラブルがあったものの、無事、静岡へ到着。 帰りもレンタカーを返さなくてはいけない時間が迫っている中、何事もなく自宅に到着し、レンタカーも時間内に返却することが出来ました。
そして私と家族は、以前と変わらない日常を送り、こうして掲示板に書き込みをしています。

---
9/8,9の霊視結果を読んだ時、 「この事故で巻き添えになる方や巻き込まれて何かの被害を被る方など霊界ではあらかじめ準備周到にして計画されたことを、(私や、山本さん)霊界の道具として働いている者たちによって変更を迫られた。」 が、どういうことなのか分かりませんでした。 そこで、葛西さんに質問しましたら、以下の返信がありました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 守護されていると言っても現在の環境は、原因と結果の法則によって作用されているのであってすべて順調(生活全般について)に行くとは思わない方がいいのではないでしょうか。

小さな己に捕らわれて判断すれば静岡往復は自分たちだけが無事帰ればいいように思いますが、例えばあなた方が静岡行きを決意したことによって与えられた車、車を貸した業者、同乗者、途中停車するであろう(休憩場所)その時に関わる人、などいろいろな関係によって事が運ばれるのです。
それらの人たちもみな因果の法則の中で生活しているのです。

今回の件はあなたのお母さんによって知らされました。 もし知らされずに事故にあったら、運が悪いと思うか、霊的真理に沿って判断出来る方は被害を被った原因を反省し心を改め、カルマを消化できるでしょう。 それらが一時的に回避されたということは、単に事故が先送りされたと思うか、又、善行を重ねる行為によって完全に事故から解放されるということもあり得ます。(後者、こちらの方が合っているように思います)

いずれにしても、与えられた境遇に感謝以外の何物でもありません。 神へ感謝、あなたのお母さんへ感謝、またで学んでる方すべての方に感謝、私と山本さんへは感謝はいりません。 与えられた使命を全うしているだけですから…

今一度前回のメールと(掲示板/ヒーリング日記)に掲載された記事に目を通して吟味してください。いかに恵まれた環境に導いてくださったかをご自分の守護霊さまに感謝してください。

山本さんからは愛の伝言が届きました。 私達は皆、霊なのです。霊界の道具として他者を愛し助けるために、祈り事故の回避をお願いしました。 その願いを霊団がかなえて下さるのは、私達の愛の行為に応えて下さるものです。 神様と善霊に感謝と更なる善行に励む意識とを持って、心安らかにお出かけ下さい。

回避(変更を迫られた)という意味は何となく理解できますか! ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
何も分かっていない私にたくさんの「愛」を込めた返信をくださいました。

このメールを頂いてからずっと、「愛」について考えていました。 掲示板といただいたメールを何度も何度も読み返しました。 理由は分かりませんが、「愛」がずっと引っかかっていたからです。
「愛」とは何なんだろう? 「本当の愛」とは何なんだろう?

静岡にいる時も考えていました。
そんな時、ある出来事が「愛」の理解を深めました。
結婚式が終わって、宿泊する宿を探しながら歩いているとき、主人と母に「この道であってんのか?」「(宿の)電話番号は?」などと質問攻めにあっていて、 私が、「○○(宿泊する宿の名前)っている旅館」と言ったとき、私たちの横を、1人のお婆さんが通りました。 そのお婆さんが、私が言った宿の名前を聞いて、「私はそこで働いているから案内しますね。」と仰ってくださり、勤務後で家路に向かっている中をわざわざ 引き返して宿まで案内してくれました。

私たちは、そのお婆さんにお礼を言い、部屋へ行き、子供の夕食を買いにコンビニへ行くため玄関へ行くと、まだそのお婆さんがいました。 お婆さんとフロントの人に、近くのコンビニを尋ねると、案内してくださったお婆さんが、「私もコンビニに用があるので行きましょう。」と言ってくださり、 お婆さんと私と子供の3人で一緒に行きました。

そして、コンビニに着き、子供の夕食を買っているとお婆さんが、「お嬢ちゃんはどんなパンを食べるの?私もそのパンを食べるから半分こしましょう。」と言い、 結局、子供のために買ってくれたパンと「このパン美味しいから食べて。」と、私にまで買ってくれたパンをいただき宿に帰りました。

そのお婆さんは、宿とコンビニの中間に位置するバス停から帰宅されるとのことで、帰りはバス停まで送ってくださることになっていたのですが、 「バスの時間がまだだから」と言い、結局宿まで送ってくださり、さらには、途中で子供がだっこを求めてきたので、買い物袋を全部持ってくださいました。

本来は、宿への道を教えてくださるだけで充分だったのです。
にも関わらず、パンをご馳走していただき、勤務後でお疲れの中、宿とコンビニの往復に加え、宿からバス停までの道のりは負担になったのではないかと思います。 お婆さんは80歳を過ぎている方でした。
夜、布団に入り、その出来事を思い起こしました。 お婆さんの行為は、とても愛に溢れていて涙が出てきました。 もう会うことはない私たちにとてもよくしてくださいました。

親切心、思いやり、感謝、人助け、、、 相手を思う全ての行動の根底には、「愛」があることに気づきました。 「愛」があるからこそ、親切な行動、人助けの行動、ただただ祈り続ける行動が出来る。 「愛」がなければ、そのような行動は出来ない。

私は昔から「愛」に疎い人間でした。 親切心や感謝などを「愛」と切り離して考えていました。 「愛」とは、そういったものとは別物だと考えていました。 親切心や感謝などといった行為は、子供の頃に教え込まれた道徳的な考えから礼儀として捉えていました。 その行為の本来の意味を考えず、ただ、行動していただけでした。 「愛」を取り違えていたのです。

本当の感謝とは、「行為」に感謝をするのではなく、「愛」を受け取ってこそ感謝する心が生まれてくるのだと思います。 そして、「愛」がある恩返しをしていくことが大切な事に気づきました。

葛西さんが仰る通り、私は愛に溢れている恵まれた環境にいることにもようやく気付けました。 家族がいること、「ちゃんと育てなさい。」と神が預けてくださった子供がいること、安心して住むことができる家があること、3食食べられること、仕事があること、霊訓を手にすることができたこと、そして、かつしか読書会に出会えたこと・・・ 私は、こんなにも「愛」に包まれていたのだと思うと涙が溢れてきます。

子供の頃は、母(守護霊様)の言葉をうざったく思うことがありました。 それと共に、そういった環境があたりまえになっていました。

私が、その言葉を受け入れようが受け入れまいが、子供の頃と変わらず、大人になった今でも母の口を通して愛の言葉を届けてくれています。 全ての守護霊様がどんな時も訴えかけてくれているのですね。
今回の一連は、きっと、「愛に気付きなさい。そして、愛がある行いをしなさい。」と、痛みも苦痛も伴わないぬくもりに溢れた最高の「愛」を持って、教え導いてくださったのだと思います。 霊訓に幾度となく書かれている『神は宇宙の自然法則であり、完全なる愛であり、完全なる叡智』が分かってきました。

日々、行っているゴミ拾いや母へのマッサージなど、動機を今一度確認し、「愛」ある行動に変えていこうと思います。 そして、もっともっと大きい愛をあげることが出来るように想念を変えていきたいです。

まずは、私達に親切にしてくださったお婆さんへ、無事岐路に着いた報告も兼ねて「愛」をたくさん込めたお礼の手紙を送ろうと思います。



愛を学ぶため・・・ 愚禿の虎   2015/09/17 (木) 16:11 

(大自然の法則)により用意周到に準備された因果律の変更をさせられた天使たちや善霊たちの働きについて、この件からさらに霊界より学ばさせられた事がありました。

 それは、無限なる霊界の一部に私の魂がある。その魂は地上での生き方によって少しずつ移動する。移動する度に触れあう魂たちも変わります。新たに触れあう魂たちはみな其々に影響し合います。
いまここに、事故を誘発するカルマを持った魂と触れ合うことになりますと私の魂も何らかの被害を被ることになります。しかし霊界の道具として働いている霊媒から〝回避〟の依頼が霊界へ届いたとき、霊界ではどちらの結果を重要視するでしょうか。

今回は〝回避〟の依頼を優先してくださいました。さまざまな複雑な法則の裏にも法則があっての関係によって決定されました。巻き込まれる方々も何らかの被害を被る方もみな回避できたのです。
・・・善行を重ねる行為によって完全に事故から解放されるということもあり得ます。(後者、こちらの方が合っているように思います)・・・

 と言いましたが、その後の神の導きはやはり顕れました。80歳位のおばさんです。私はそのおばあさんはあなたのために愛を教えるため姿を変えて顕れたのです。と思えてなりません。

 私が12~3歳の頃大柄な大人が具合悪いからおんぶしてくれと頼まれました。小柄な私、しかも子供ですからおんぶなど出来っこありません。しかしその大人は大丈夫といって私はおんぶしました。全く重くなく隣村(約3キロ)までおんぶしました。

帰宅後両親にそのことを話しましたら誰も信じてくれません。神は私をこの様に試したのです。その後同じような体験もあります。あなたの未来は神の道具として働けるように今から試されているのです。
どうぞ神の導きに身を委ねられるよう真理を己のものとしましょう。


愛を学ぶため・・・  ciel      2015/09/18 (金) 13:21

電車の中で書き込みを読んだのですが、胸がいっぱいになって涙が止まりませんでした。
止めようとすればするほど、逆に涙が流れるわ、鼻水は垂れてくるわでどうにもできませんでした。
神が姿を変えて顕れるなんてことがあるのですね。。。

物的価値観丸出しの話になってしまいますが、実は、泊まった宿は、料金は安いのですが、廊下は下水臭で薄暗く、客室もかなり古いようで、引き戸が重かったり、安い料金ですら高い感じが否めない宿でした。

しかし、働いている方達は、いい人ばかりで、お客さんがけっこういました。「いいエネルギーは人を呼び寄せるんだな。」と思いました。また静岡に行く機会があれば、その宿に泊まろうと思っています。なによりも、気づくべきことに気付けていて良かったです。

私なんて、物的価値観に囚われていて、書き出したらキリがないくらい、改善しなくてはいないことが山積みなのに導いてくださるものなのですね。神の「愛」を体験出来、勉強になりました。そして、この体験を心に刻み、「愛」を意識した生活を送りながら実践していき、いつか神の道具として働く未来が実現出来るように精進します!




 【山】 本文:  ”事故を回避できるか”    2015・9/21

 この出来事は霊訓の真理性を証明する素晴らしい出来事の一つとなりました。(祈り)

霊訓(二)二障 宿命と自由意志
「神の計画の発展に寄与する力があるということです。宇宙の無限の創造活動の一翼を担う事ができるということです。一方にはどうしても従わざるを得ない法則があり、他方には従うべきでありながら自由意志で勝手な行為に出てもよい法則もあります。ただし、その行為の中にはそれ相当の結果を生むタネが宿されているということです。」

神の道具として働いているというこれまでの功績とこれからの更なる善行の約束の上に、事故を回避という自由意志の行使が、善霊の働きにより可能になりました。より善なる方向へ運命を求めたが故に、更に善なる波動をもつ者達の処に運命は時空移動した様なものだと思います。
霊的知識が与えられているからこそ可能になるのです。そういう時代的恩恵が私達には与えられているのですね。
霊訓の奥義は深いです。霊性を高めて理解を深めて行きたいものですね。






 

 12/13 養成講座
 午前、横浜上大岡の方に訪問ヒーリングを施した。この方は先月(11月)茨城県東海村にお住まいの方で今日は実家へ帰省して直接ヒーリングの依頼があった方です。最近、霊界の兵器庫より治癒エネルギーを引き出す感覚を掴めた感じがしています。効果も出てきました。魂の琴線に触れるように霊界のエネルギーです。と説明はさせていただいております。

 知識は知ったら訓える責任が発生しますので、まわりにお困りの方がおられましたら紹介するように、一言添えます。心霊治療家を目指している方でも、治療依頼を躊躇しておられる方も中にはおられます。近所、または身のまわりで病の方や苦痛に喘いでいる人々のために心霊治療を依頼するべきです。折角の心霊治療家が傍にいるのですから利用してください。それが善行ともなります。

 本日の学びで、自分の性格はどこから来ていると思いますか?過去世及びそのまた過去世の影響が自分を作っているのです。と言いました。本年の講演会資料で紹介しておりますが、末期癌の方は前世及び前々世の罪が原因となり恨みを持った町民の霊魂が(最後はお赦しになられた)癌の因子をまき散らしていたのです。病も性格もみな過去からの流れで今があるのです。霊的真理の学びはすべての問題を解き明かしてくださいます。

 死は悲しみではありません。地上生活を卒業するおめでたい祝福される日なのです。